ヒューマノイドロボット・HRP-2が『重要科学技術史資料(未来技術遺産)』に選ばれました!

国立科学博物館では、毎年、日本の科学技術の発展を示す実物資料のうち、

「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」などに

該当する資料を「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」として登録しています。

 

この「未来技術遺産」に、このたび、弊社と産業技術総合研究所が共同で開発した

ヒューマノイドロボット「HRP-2 PROMET(プロメテ)」が選ばれました。

 

国立科学博物館のプレスリリースはこちらからご覧ください↓

http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/index.php

 

選定理由

本資料は、「働く人間型ロボット」である。多数の企業や大学が参加して1998年4月~2003年3月に行われた、

経済産業省の「人間協調・共存型ロボットシステム研究開発プロジェクト」において、産業技術総合研究所と

川田工業が中心となって開発した。不整地歩行や転倒しても起き上がれるなど、人間と同様の動作や機能を実現した。

さらに「人と共存して働くヒト型ロボット-NEXTAGE(ネクステージ)」に発展し、人とロボットが共存する

生産ラインの実現につながった。

今日、より付加価値が高く、市場のニーズに適時対応する変種変量生産やセル生産などで欠かせないものとなった。

その原点として日本のロボット開発技術発展の重要な段階を示すものとして重要である。