KAWADARobotics

カワダロボティクスについてカワダロボティクスについて

ヒトを尊重した、新しいワークスタイルの創造

カワダロボティクスは、橋梁建設などを主業とする川田工業より2013年に独り立ちした若い会社です。ヘリコプタ開発に始まった同社の新規事業の萌芽をロボット開発事業に発展させ、以来、二足歩行型ロボットの開発や双腕型の次世代産業用ロボットの事業化を実現して参りました。


少子高齢化による労働力不足は日本の産業にとって深刻な問題です。また危険作業や重労働の多くを手作業に頼らざるをえない現状も重要な課題であります。川田グループはいつの時代においても技術革新をもって社会に貢献することを使命とし、建設業をはじめ、システム開発、航空事業、環境事業とそのフィールドを、拡大して参りました。その中にあって私たちカワダロボティクスは、人と協働する次世代の産業用ロボットを普及させていくことで、産業に活気を与え、人が人らしく働ける新しい社会環境作りに貢献していきたいと願っております。

代表取締役社長 新開正志


人と共存するヒト型ロボットの普及へ

カワダロボティクスは、人といっしょに働くヒト型ロボットの開発・販売のパイオニアです。
カワダロボティクスは世界に先駆けて、作業力のあるヒト型ロボットを商品化し、事業を展開してまいりました。1990年代に開発が始まった二足歩行型ロボット「HRPシリーズ」を皮切りに、製品も事業も進化・拡大を続け、現在の主力製品である双腕型産業用ロボットの「NEXTAGE(ネクステージ)」にいたっては、全国各地の工場で日々、生産活動に携われるようになりました。これまでにない新しいロボット商品と使い方を世に提示し、市場を創出するのは大きなチャレンジです。今後もカワダロボティクスは、確かな技術をもって社会のニーズに応える製品の開発と販売に挑戦し続けます。

代表取締役技術統括 五十棲隆勝


人と協働するロボットを「コボット(cobot)」と呼びます。

コボットは、労働人口の減少や社会の高齢化、産業構造の加速的変化に対応するためにこれから世の中にとって不可欠なものとなります。カワダロボティクスの技術開発目標は、ヒト型のコボットを「パーソナルなワークメイト」に進化させることです。私は長年、最先端でヒト型ロボットの基盤技術を開拓してきました。これまでの研究で蓄積された経験と知識を、世界中から志願してきた若い技術者の英知と組み合わせることで、だれにでも使いやすく、安心して協働できるロボットを創造し、世の中に送り出したいと思っています。

取締役技師長(東京大学名誉教授) 井上博允

Philosophy

人とロボットが仕事を共有する新しいワークスタイルを創造し、世界に提案する。

Vision

社会に貢献するため、

  1. 大きな夢(目標)を共有し、
  2. 小さな失敗を恐れず、すばやい解決策を積み上げて
  3. 大きな成功を創り上げる。

Action Plan

  1. ロボット技術に大いに興味を持ち、新しいことに挑戦する。
  2. 顧客の将来への希望を私たちの開発テーマとする。
  3. 知恵を使い生み出したもの(こと)を成果とする。
  4. 成功を創り上げるための私たちの働き方を常に改善する。
社名 カワダロボティクス株式会社
事業内容 各種機械・装置及びシステムの開発、設計、製作、販売及び保守
設立 2013年4月1日
所在地 本社
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-13-5 COI日本橋本町ビル
栃木事業所
〒321-3325 栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台122-1
代表者 代表取締役社長 新開正志
代表取締役技術統括 五十棲隆勝
資本金 540百万円
URL https://www.kawadarobot.co.jp/

アクセスマップアクセスマップ

本社

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目13番5号 COI日本橋本町ビル

TEL 03-6667-0518
FAX 03-6667-0519

  • 日比谷線小伝馬町駅から徒歩約4分
  • JR総武本線新日本橋駅から徒歩約6分
  • JR中央線神田駅から徒歩約9分
  • 都営新宿線岩本町駅から徒歩約10分

栃木事業所

〒321-3325 栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台122-1

TEL 028-677-5737
FAX 028-677-5891

  • JR宇都宮駅から車で約20~30分

※交通事情により多少時間がかかる場合がございます。